グロースファクター(成長因子)の美容効果や副作用の危険性を解説

保湿をする女性

 

このページでは、大人気の土台美容液クロノセルに含まれる成分。

 

グロースファクター(成長因子)について書いていきます。

 

ヒト幹細胞培養液と共に。

 

密かに化粧品業界で話題になっているこの成分。

 

「成長因子」

 

という名前でよく聞くこともあると思うのですが、あなたは具体的に、グロースファクターがどんな成分か知っていますか?

 

それを知った上で、クロノセルを使えば、もしかしたら、より、気持ち的にも効果を実感しやすくなるかもしれませんね。

 

ぜひ、このページで、グロースファクター(成長因子)について知ってみてください。

 

グロースファクター(成長因子)とは?

具体的な効果に入るより先に。

 

まず気になるのはここ。

 

「グロースファクター(成長因子)ってなに?」

 

ということですね。

 

簡単に言うと、グロースファクター(成長因子)はタンパク質のことです。

 

もう少し具体的に書いていきましょう。

 

グロースファクター(成長因子)は別名、サイトカイン、細胞増殖因子とも呼ばれます。

 

身体の様々な臓器や皮膚などの細胞を特定的につくったり、増やしたりすることができる、とても万能なタンパク質です。

 

この、グロースファクター(成長因子)は、もともと、人の体内に存在する細胞の成長因子のことを指します。

 

また、グロースファクター(成長因子)はプラセンタ(胎盤)にも多く含まれていることが知られています。

 

しかし、人の体内に存在するグロースファクター(成長因子)の量は、年齢と共に減少していきます。

 

だからこそ、現在様々な化粧品でグロースファクター(成長因子)を配合して、

 

「グロースファクター(成長因子)を補う」

 

ことに注目が集まっています。

 

グロースファクター(成長因子)の効果は?

では、その、グロースファクター(成長因子)には具体的にどのような効果があるのでしょうか?

 

もっというと。

 

どんな目的があって、土台美容液である、クロノセルに配合されているのでしょうか?

 

その謎を紐解くには、クロノセルに配合されている3種類のグロースファクター(成長因子)を解説する必要があります。

 

EGF/ヒトオリゴペプチド-1

EGF/ヒトオリゴペプチド-1は正式名称をエビダーマル・グロースファクター(上皮細胞成長因子)といいます。

 

エビダーマルとは、「上皮細胞」のことです。

 

この、EGF/ヒトオリゴペプチド-1が配合されていることで、EGFが肌の基底細胞の分裂、増殖を促して、表皮内の新生細胞が急に増殖します。

 

結果的に、ターンオーバーが改善されて、様々な美肌効果が発揮されるようになります。

 

簡単にいうと、EGFが、肌のターンオーバーを促進して、くすみ、ゴワつき対策になる、ということです。

 

細かく言うと、以下のような効果や効能が期待できます。

 

  • 皮膚の弾力を増す
  • 皮膚の保湿能力を高める
  • 細胞組織を活性化させる
  • 皮膚細胞の正常な分裂再生を促す
  • 紫外線によって誘発される皮膚の老化と脱水症状を改善

 

FGF/ヒトオリゴペプチド-13

FGF/ヒトオリゴペプチド-13は、フィブロブラスト・グロースファクターといって、フィブロブラスト=(繊維芽細胞)の増殖因子のことをいいます。

 

FGF/ヒトオリゴペプチド-13は、コラーゲン繊維やエラスチン繊維となる繊維芽細胞を増やしたりしてくれます。

 

まぁ、むずかしい言い方をしましたが(笑)

 

要は、体の中の細胞に対して、

 

「増えろー!」

 

とか、

 

「分裂しろ!」

 

とか。

 

様々な合図を送ってくれる「多機能性細胞間シグナル因子」と呼ばれるグロースファクターなんです。

 

で、コラーゲンとかエラスチンの生成を活発にしてくれます。

 

まさに、潤いツヤ成長因子です。

 

IGF/合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31

IGF/合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31は、インスリン様成長因子とも呼ばれます。

 

配列がインスリンと、とてもよく似ているポリペプチドのことを言います。

 

最大で180個のアミノ酸からなる物質です。

 

ハリ弾力の成長因子として、クロノセルに配合されています。

 

グロースファクター(成長因子)の副作用の危険性

ターンオーバーを促進したり、保湿やツヤをもたらしてくれるグロースファクター(成長因子)。

 

ですが、副作用の危険性などはないのでしょうか?

 

調べてみましたが、グロースファクター(成長因子)に副作用の危険性はほとんどないようです。

 

まぁ、もともと体内にあるものですからね・・・

 

グロースファクター(成長因子)のまとめ

ちょっとややこしくなってしまいましたが、グロースファクター(成長因子)には以下のような特徴があります。

 

  • グロースファクター(成長因子)は細胞の増殖や分裂に関係するタンパク質
  • EGF/ヒトオリゴペプチド-1はターンオーバーを促進して「くすみ・ゴワつき対策成長因子」
  • FGF/ヒトオリゴペプチド-13はコラーゲンやエラスチンの生成を活発にする「潤いツヤ成長因子」
  • IGF/合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31はインスリン様成長因子で「ハリ弾力成長因子」
  • 副作用の危険性はほとんどない

 

ということがわかりました。

 

これらの特徴があるからこそ。

 

クロノセルは、グロースファクター(成長因子)を配合することで、ヒト幹細胞培養エキスのチカラを最大限発揮しようとしているんです。

 

まさに、グロースファクター(成長因子)はクロノセルにおいて、ヒト幹細胞培養液のパートナーともいえる物質なんです。

 

クロノセルの詳細はこちらのトップページで解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

【効果なし?】クロノセルを使った口コミ!